--.--.-- スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.22 子猫 
昨日の夕方、散歩していたら車道の端にうずくまる子猫を見つけました。
片手に乗るくらい小さな小さな子猫でした。







轢かれちゃ大変だと思って歩道に移し、離れると、途端にカラスが群がって
このまま置いてったらきっと、あっという間に食べられちゃう

動物はあんまり好きではないととうに『もう絶対に生き物は増やすな』と厳命されてて、ワンコ3匹と肩身の狭い思いして実家に居候している身では到底飼えないけど、とりあえずおいでって、カバンに入れて連れて帰ってきました。

うちの裏のおじさんが猫が好きでたくさん飼っています。
その人が見つけてくれたらきっと、放っておけずに飼ってくれるはずだって思いました。

猫たちの出入りのため、いつも窓を開けているので、鳴いたら気づいてくれるはずだと窓から見える所にそっと置いてみました。

少し鳴いたけどすぐ静かになってしまい、何度見ても同じ場所に同じ姿勢でうずくまったまま
何度めかに見た時、もう座っている事すらできなくなったらしく、横たわっていて…たまらず外に出て抱き上げました。

とにかく少しでも元気になってくれればとミルクをあげてみました。
連れて帰ってきてすぐにあげなかったのは、それで動き回る元気が出てしまったら、おじさんに見つけてもらえなくなるかなって思ったから…窓の下でじっとしていてくれた方がいいと思ったからでした。

でもどうやら、この子の体力はそんな悠長な事言ってられる場合ではなかったようです

ミルクをスポイトで口に流し込むと、ゴクンゴクンと飲んでくれました。
霧雨が降ってきてたし、ミルクを飲んでも相変わらずくったりしたままなので、タオルにくるんで物置へ。
息づかいとか目の感じとかで、たぶんもうダメだなって思ったけど…飲み込む力があるしまだ希望あるかなって。





次に見に行った時、寝かせた時と同じ姿勢のままで、子猫はもう冷たくなっていました。
助けてあげられなかった…


今朝早朝、仕事が終わってすぐ、子猫を埋葬しに行きました。
仕事しながらずっと考えてて決めた場所。

20100622142230.jpg

最初に子猫を見つけた場所は、ベンチやトイレのある、ちょっとした休憩所の所でした。
そこの芝生に植えてある木の下に。
あそこなら今後も何か建つ心配もないし、草が伸びれば刈ってもらえる。
散歩コースでいつも通るしちょうどいいと思って。


あんなに小さいのに一人であんな所に・・・捨てられたのかな
元気になってほしかった


子猫ちゃん、安らかに。。
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://rieorangehouse.blog37.fc2.com/tb.php/844-8e426bc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。